ミニマムチャージとは|貿易におけるミニマムの意味

2017年1月18日更新

貿易をやっているとよく耳にする「ミニマム」でいくら、ミニマムチャージがいくらといった表現ですが、これは一体何を意味しているのでしょうか。

ミニマムは、英語でminimumとなり、最小の、最低限のといった意味となります。貿易実務で使われる場合、これは最低かかる料金のことを意味しています。貿易における輸送費用の多くは、重量が1kgs増えるごとにコストが上がっていくタイプの費用や、あるいは容積が1m3上がっていくごとにコストが上がっていくタイプの費用があります。このように重量や容積の大小によって価格が変わることは容易に想像ができますが、きわめて軽かったり、あるいは小さい品物を海外に送る際、単純に重量いくら、容積いくらといった計算方法だけで算出すると、輸送費用がきわめて安くなってしまい、輸送にかかる費用がまかなえなくなってしまいます。こうしたことを防ぐため、コストの最小となる価格が決められており、重量や容積がきわめて小さいものであっても最低限いくらかかると定められた価格がミニマムチャージと呼ばれる費用です。

輸送コストを見ていく場合、重量や容積に関係なくかかる費用と、重ければ重いほど、大きければ大きいほどかかってくる費用とに分かれてきます。輸送コストを検討する場合、後者で有利なので非常に安いコストで送ることができると品物であっても、ミニマムチャージのおかげで、どんなに小さなものでも最低かかる料金というのは決まっています。

特に注意を要するのは、船便です。混載(LCL)の船便で、ダンボール1箱だけを送るというような場合、船便の単価自体は安いため、1箱だとべらぼうに安く送ることができるように誤解されますが、ミニマムが設けられているため、通常はダンボール1箱というような場合、船便よりもエアーのほうが安くなるほどです。

軽いもの、小さなものを海外へ発送する際にはこうした最低限のリミットが設けられていることを念頭において輸送コストの検討を行う必要があります。

スポンサーリンク

「ミニマムチャージとは|貿易におけるミニマムの意味」の関連例文

>このページ「ミニマムチャージとは|貿易におけるミニマムの意味」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集