tax invoiceとcommercial invoiceの違い

2017年2月13日更新

貿易をやっていると通関でも請求でもinvoice(インボイス)がすべての基本書類となるため、これらを目にしない日はないといってもよいかもしれませんが、この中でも、海外から送られてくるインボイスに、タックスインボイスと、コマーシャルインボイスの違いがあるのはなぜでしょうか。

本来、tax invoiceとは、国内取引において発生する消費税や物品税などの課税額がいくらか分かるように記載されている正式な請求書のことであり、こうした請求書のことを総称して慣用的に用いられる用語です。このため、使っている当事者の間でも定義にばらつきがありますが、海外からタックスインボイスが送られてきた場合は、ほとんどのケースで、請求のためのインボイスであるという理解で間違いないでしょう。

これは、貿易上、通関の際に使うインボイスと、代金の請求に使うインボイスを分けて取引することが多い取引ではよく見られますが、名称としてtax invoiceという言い方をするかどうかは、国によっても(あるいは企業によっても)まちまちです。

commercial invoiceであっても、通関用ものと、請求用のものとで同じ名称を使うことがありますが、分けて運用する場合は、tax invoiceが請求用、commercial invoiceが通関用ということになります。請求を行う目的のインボイスを、当事者間だけでやり取りするために月にまとめてやり取りする、というようなケースです。請求するインボイスと、通関の際に用いたインボイスは原則中身が一致していることが求められますが、通関時に用いたインボイスで都度請求まで管理していると、月間での〆がわかりにくく、処理の手間がかかるため、一括でまとめて行う方法ですが、これは一方が日系企業や日本企業の場合によく見られる決済方法です。

スポンサーリンク

「tax invoiceとcommercial invoiceの違い」の関連例文

>このページ「tax invoiceとcommercial invoiceの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集