自動車業界で言うEOPとは何か|EOPの意味

2018年11月5日更新

EOPは車の業界で使われる場合、End of productionの意味で使われ、その意味するところは量産での生産終了です。自動車の量産の開始を意味するSOP、つまりStart of productionと対を成す表現方法です。SOPは別名、L/O(Line off、ラインオフ)とも言います。

自動車は量産で製造される2年以上前から準備が開始されていますが、各段階に控えているイベントと呼ばれる試作や品質確認をクリアして次の段階へ進んでいき、最終的には量産開始であるSOPを目指すことになります。このため、SOPから逆算し、イベントの計画が組まれ、部品を供給するサプライヤー側でも準備を進めていきます。

一旦、SOPとなったものは数年間、モデルチェンジ等で量産が打ち切られるまでは生産継続されます。この量産での生産が終わることを示すのが、EOPとなります。自動車の場合、10数年から20数年前後は、量産での生産が終わった後も、補給品や補用品と呼ばれる修理用や交換用のサービスパーツとして各部品メーカーは、自動車メーカーに対して部品の供給義務が発生します。供給期間はメーカーや部位によりまちまちですが、こうしたことからEOPになったからといっても部品の供給が止まるわけではないというのが一般的な商習慣です。

ただ、生産の終了にも、もうひとつのパターンがあり、こちらは製造廃止、製廃(せいはい)、ディスコンと呼ばれることがありますが、これらは完全に供給が不要になるパターンです。

ディスコンのことをEOPと呼ぶこともあったり、あるいは、ディスコンのことを量産生産終了の意味であるEOPと同じ意味で使うこともあるため、紛らわしいのですが、本来のディスコン、discontinuation of productionまたはdiscontinued production、あるいは単にdiscontinuedと表現される生産終了は「製造廃止」として、量産終了とは区別して扱われています。

補給品として継続供給の必要があるのかないのかという点は、部品メーカーにとっては大きな違いです。

ディスコンになった場合は、今後サービスパーツとしても供給する必要がないため、客先の承認を得て金型や設備についても廃却対象となります。金型や設備は大量生産を前提としたものではありますが、一旦EOPになったあと少ない数量でのオーダーがあると完全に廃却させることができず(毎月少量のオーダーがあるものもあれば、数年、数十年に一度のオーダーとなるものもあります)、保管や管理にコストがかかってしまいます。自動車メーカーごとにサービスパーツとなった部品は単価が上がるのが通例ですが、頻度や数量によって、まったくペイしない場合もあります。

スポンサーリンク

>このページ「自動車業界で言うEOPとは何か|EOPの意味」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集