限度見本の意味と定義とは|限度見本を英語でいうと

2017年7月24日更新

自動車部品の業界に限らず、製造業でよく使われる「限度見本」の定義は、ある製品を品質上合格とするか、不合格とするかの限度を示した製品見本で、合格品の限度見本と、不合格品の限度見本とがあります。製造上、合格か不合格かの境界がわかりにくい官能検査などには必須のアイテムで、実際に製造したものと見本とを比較し、限度見本を超えている場合に合格もしくは不合格にします。限度見本を英語で言うと、boundary sampleやlimit sampleもしくはcriteria sampleといった表現がよく使われます。

実際の検査作業の際に迷った場合はこの限度見本をもとに判断していくことになりますので、限度見本の持つ意味は非常に大きいといえます。

定量的にデータを検査ではかることのできる項目では、限度見本をいちいち作らなくとも、その計測した数値ですぐに合否判断ができますが、目で見て判断しなくてはならない等、作業者の感覚をたよりに合否を判断しなくてはならない局面が、製造現場では数多く存在します。こうした官能検査が必須となるような製品や製造ラインでは、限度見本を作っておくことで、判断の基準を作ることができます。

品質の標準を示した見本を「標準見本」といいますが、限度見本は「どこまでOK品とするか」の限度を示すためのものとなります。標準見本しかないと、では標準と違う場合、どの程度の違いまでなら許されるのかという点がわかりません。限度見本はこうした疑問に応えるツールのひとつです。

多くの製造現場では、不良品の判断のため、不良の種別ごとに複数の限度見本が備えてありますが、これはこうした目的のためです。

スポンサーリンク

「限度見本の意味と定義とは|限度見本を英語でいうと」の関連記事

>このページ「限度見本の意味と定義とは|限度見本を英語でいうと」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集