マルマの意味|自動車での○マとは何か

2017年2月12日更新

「○マ」は、「マルマ」と読まれますが、自動車部品や自動車業界で使われる場合、これはトヨタ用語のひとつです。正確には、○の中に「マ」と文字が記入されている記号となります。同社やその取引先でよく使われる「マイナーチェンジ」「マイナー設変」を意味する社内用語ですが、同社の取引先の多くもトヨタ用語をそのまま使うため、慣用的に使われることもあります。

自動車側にて、マイナーチェンジと呼ばれる設計変更は、車種のモデルが完全に変わる前に行われますが、これは既存の自動車の主要な部分はほぼそのままで、自動車の部分的な改良をすることによって商品力を上げ、売り上げを伸ばすために行われます。見た目のデザインが変わったとか、内部の部品まわりが一部変更になったというケースが多いです。

マルマによって、当然、自動車部品側も変更しますが、部品の種類によっては大きな変更はなく、従来品と区別して納入することが一般的ですが、既存のラインにそのまま納入するため、大掛かりな変更はないのが通例です。

これに対して、マルモとよばれるフルモデルチェンジは、こうしたマイナーチェンジとは異なり、車両の一部または複数部分の全面的な変更を意味します。この変更が実施されるということは、モデルライフが終わることも意味しています。

スポンサーリンク

>このページ「マルマの意味|自動車での○マとは何か」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集