c-levelの意味|Cレベルのエグゼクティブとは何か

2017年8月6日更新

Cレベルエグゼクティブ (C-level exective)とは会社でいう経営幹部職のことを意味しています。したがって単にC-levelという場合、こうした経営幹部の上級職、役員のことを意味しています。Cレベルジョブ(C level job)、あるいはC-suite exectiveとも言います。たとえば、CEOはChief Executive Officerの略で、Cレベルエグゼクティブのトップともいえる最高経営責任者のことになり、最高執行官、会長とも訳される職位となります。COOといえば、最高業務執行責任者であり、通常は社長のことを意味するCレベルの経営幹部です。こうした企業内において肩書きの頭にCがつく職位のレベルをCレベルといい、経営幹部や経営幹部職を総称してC-level exectiveやC-level jobといいます。冒頭にCがつくということは、Chief〜ということになりますので、会社内で何らかの分野を所管もしくは管掌する「長」ということを意味しています。

Cレベルの肩書きは米国企業で顕著に見られる肩書きですが、日本も米国の企業経営スタイルや企業統治スタイル(ガバナンス)が取り入れられるとともに、こうしたCレベルの肩書きを名刺に記載することも珍しくなくなってきています。もっとも、日本国内では、会長、社長、専務、常務、取締役、執行役員、役員といった言い方が一般的で、このようなCレベルといった表現はどちらかといえば海外向けに自分の職位と担当分野を明確にする、といった目的で使われます。事業部制やカンパニー制を採用している日本の企業も多いため、こうしたところはそれぞれの事業部やカンパニーに長がいる形となり、実質、CEOやCOOくらいしか肩書きとして目にすることは少ないかもしれません。

Cレベルエグゼクティブの一覧と意味
略称 Cレベルエグゼクティブ名称 役割、管掌分野
CEO Chief Executive Officer 最高経営責任者。最高執行官、会長。
COO Chief Operating Officer 最高執行責任者、社長。
CTO Chief Technology Officer 最高技術責任者。技術分野のトップ。
CFO Chief Financial Officer 最高財務責任者
CAO Chief Accounting Officer 最高会計責任者。経理部門のトップ。
CIO Chief Information Officer 最高情報責任者。情報技術、情報システムを所管する場合と、個人情報保護法等に関連した情報漏洩を防止する役割を持つ場合とがある。
CIO Chief Investment Officer 最高投資責任者
CCO Chief Compliance Officer 最高コンプライアンス責任者。法令遵守、コンプライアンス分野のトップ。
CKO Chief Knowledge Officer 最高知識責任者。企業内の広範な情報管理、知識管理により企業価値を高める役割を持つ。
CSO Chief Security Officer セキュリティー最高責任者。物理的なセキュリティのほか、情報セキュリティも所管することがある。また企業にダメージを及ぼす可能性のある様々なリスク管理や内部統制を所管することがある。
CSO Chief Strategy Officer 最高戦略責任者。戦略の立案と実行を担う責任者で、通常はCEOの補佐役として存在する。経営企画分野のトップに近い役職。
CDO Chief Data Officer データ管理最高責任者。企業が取り扱う様々な情報資産を管理するトップ。ビッグデータやデータマイニング等の重要性の高まりとともに作られた役職。
CMO Chief Marketing Officer マーケティング最高責任者。マーケティングや営業分野のトップ。
CAO Chief Administrative Officer 最高総務責任者
CHR, CHO Chief Human Resources Officer 最高人事責任者
CIPO Chief Intellectual Property Officer 知的所有権最高責任者。特許、実用新案、意匠、商標等の知的財産の管理運用のトップ。
CAO Chief Automation Officer 自動化最高責任者。オートメーションを推進する最高責任者。主としてITのオートメーションを意味することが多い。
CPO Chief Production Officer 最高製造責任者
CPO Chief procurement officer 最高調達責任者(調達、購買、資材部門などの責任者)
CRO Chief Research Officer 研究分野の最高責任者。但し、日本では主席研究官や研究主幹の英訳で使われることが多く、この場合は経営幹部としてのCROではない。
CAE Chief audit executive 最高監査責任者。
CQO Chief quality officer 最高品質責任者(品質管理、品質保証分野のトップ)
CJO Chief Judicial Officer 最高法務責任者
CDO Chief design officer 最高デザイン責任者。製品デザイン、グラフィックデザイン、工業デザイン、パッケージデザイン、ユーザーエクスペリエンスデザイン等のトップ
CDO Chief destruction officer 最高破壊責任者。リストラ責任者。創造的破壊を推進。

スポンサーリンク

>このページ「c-levelの意味|Cレベルのエグゼクティブとは何か」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集