productionとmanufacturingの違い

2017年8月18日更新

製造業では不可欠の単語でもある「生産」を意味するproductionとmanufacturingの2語ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

たとえば、生産能力といった場合、production capacityという言い方がなされますが、製造部といった場合、manufacturing departmentとProduction departmentの双方が使われます。同じ部署の名称でも、製造をコントロールする生産管理部となった場合、Production controlやProduction planningの用語をあてている企業のほうが多くなってきます。

実際、両者を区別することなく使っているケースもありますので、一概には難しいのですが、原義としてはproductionとmanufacturingには以下のような違いがあります。

productionとmanufacturingの意味の違い
production manufacturing
機械を用いるかどうかは別にして、最終製品(完成品)を原材料や半製品あるいは材料以外のものから作り出すような場合の生産を意味する。

原材料から作るものも、作らないものであっても対象となる。人のみで作り出されるもの、アイデアを形にする創造的な活動によるものも該当する。Productionのほうが意味が広く、manufacturingはこの中に含まれる。生産されるものは有形、無形双方を含む。生産する対象は「製品」と「サービス」どちらもあり得る。
主として工場で、機械を用いて原材料等を加工して製品化する場合の生産を意味する。

生産の開始は、原材料の投入によって開始される。生産されるものは有形のものに限られる。したがって生産する対象は「製品」。ただし市場で消費者に使われるものか、さらに生産に使われる生産財であるかは問わない。manufacturingはproductionの一部ということもできる。

スポンサーリンク

>このページ「productionとmanufacturingの違い」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集