公差とは何ですか

2010年8月05日更新

普段、図面や加工に関わる仕事をされていない方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、実際に公差についての質問がありましたので、簡単にご紹介いたします。

物を加工するとき、完全に1mmの寸法という指定方法では許容できる寸法差がなく、現実的に加工するのは非常に困難です。例えば数字で表記すると、1.00000000000000...と0が無限に続くような精度はまず満たすことができません。実際には、このとき、プラス方向とマイナス方向に寸法がずれてもよい範囲を指定します。これが公差です。例えば、1.00±0.05という表記であれば、0.95から1.05の範囲内に加工対象のサイズが収まっているという意味です。プラス方向だけ0に指定したり、その逆もあります。

加工を社内や社外で依頼するときに気をつけなければならないのは、寸法精度が高く、公差が厳しければ厳しいほど製造するのが困難になるため、加工コストが膨大になっていきます。加工を依頼するときや図面をひくとき、加工を引き受けるとき、どの局面でも必須といえるほど重要な項目です。

スポンサーリンク

>このページ「公差について」の先頭へ

砥石Q&A一覧へ戻る

公差についての関連記事とリンク

はめあい公差表(JIS規格)
H7などの記号で示される「はめあい公差」とは何ですか

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集