中国の春節は2018年いつからか|中国の旧正月の連休

2018年2月5日更新

中国の春節は、旧正月、あるいは中国の正月とも呼ばれますが、長期の連休を取得することが恒例の祝日です。旧暦の正月でもあるため、毎年日付が変わります。2018年の旧暦の新年は2月16日となるため、この前後の7日間が国の祝日となっています。なお、現在の西暦では毎年旧暦の正月は異なるため、次年度以降は、2019年2月5日、2020年1月25日がそれぞれ新年となります。したがって、この前後が春節の祝日となり、長期連休となります。中国においては、10月の国慶節と並ぶ二大連休のひとつともいえます。

実際の公的な春節の連休というのは、毎年、国務院(中央政府)弁公庁から、前年の12月頃(12月10日頃が多いです)に発表されます。

中国政府が発表している春節の長期連休は、公的には2018年は2月15日(木)から2月21日(水)までが休みとなります。ただし、これとは別に追加で数日休みを入れている企業も多いため、2月13日あたりから10日間前後は連休となると見ておくほうが無難です。詳細は相手先企業へ確認する必要があります。

2月15日から2月21日の間は公的機関もすべてやっていませんので、税関も休みです。通関ができない状態で発送してしまったり、輸送便が遅れて中国税関が閉じるまでに通関が終わらない場合は、状況によって貨物の保管料が別途発生します。取引先となる中国側の会社には一体いつからいつまでが休みになるのかと言う点と、輸出や輸入の際の通関の最終日と再開日を確認しておく必要があります。

なお、2月11日(日)と24日(土)は振替出勤日となっているため、企業でもこの日は稼働日にしていることがあります。

春節前後は、大規模な帰省となることが恒例であり、さまざまな輸送手段で大混雑が予想されます。この季節に移動をする場合は、よくよく事前準備が必要です。また、エアー便など貨物の輸送に旅客機を使用する輸送手段の場合、搭乗客の荷物が多すぎると予定の航空便に積載されないことがあります。

スポンサーリンク

「中国の春節は2018年いつからか|中国の旧正月の連休」の関連記事

>このページ「中国の春節は2018年いつからか|中国の旧正月の連休」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集