工具でいうシャンクの意味

2017年7月24日更新

シャンクとは、ダイヤモンド工具やダイヤモンドホイールの世界で使われる場合、「柄(え)」の部分を意味しています。業界での使われ方は広く、たとえばダイヤモンドホイールやドラムホイールの台金部分をシャンクと呼ぶこともあります。

ダイヤモンドを用いた工具の場合、削ったり磨いたりするいわゆる「刃」の役割を果たす砥粒の部分と、それらを取り付ける台座の相当する部分とに分かれています。この台座部分は、工具の種類によって「台金」と呼ばれたり、「シャンク」と呼ばれたりするわけです。

ダイヤモンドバイトやダイモンドドレッサのように、見た目から「柄」と「刃」に分かれているようなわかりやすい工具もあれば、円形で砥石部分が台金や台座に接着されているタイプの工具のいずれでも、シャンクという呼び方は使われることがあります。

また、柄の部位を区別するため「シャンク部」といった言い方で呼ぶこともあります。電着タイプのダイヤモンドやCBN工具であれば、シャンクがしっかり残っていれば、再電着することで刃に相当する部分を付け替えることもできますので、シャンクの形状がしっかりしており傷などつけないようにしておくことが肝要です。

工具の性能は「刃」の部分で見られてしまうことが多いですが、実はシャンクが切れ味やあたりにも大きく影響することは砥石や工具業界の関係者の間ではよく知られています。シャンク自体の精度がおかしいと、どんなによいダイヤモンド砥粒を使っていたとしても精密な加工は難しくなります。

シャンクの材質は、鉄鋼系(炭素鋼、合金鋼など)やアルミ合金等がよく使われます。いうまでもなく、シャンクの加工自体も精密加工となり、高い精度が要求される金属製品です。

スポンサーリンク

砥石の用語集へ戻る

シャンクの関連用語

台金(コア)
チップ
多石ドレッサー
単石ドレッサー
電着

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集