鋼板と鋼帯の違いとは

2018年2月25日更新

鉄鋼材料を購入する際の形状となる「鋼板」と「鋼帯」にはどのような違いがあるのでしょうか。どちらも平坦な板状のものには違いないのですが、鋼材の規格では、それぞれで規格が別になっているものもあれば、同じ規格内で規定されている場合もあります。

鋼板とは何か

鋼板は「こうはん」と読み、端的に言えば「板」の形にされた鋼材料です。さらに厚さによって、薄板、厚板の違いがあります。厚板はさらに細かく分けるのであれば、中板、厚板、極厚板となります。

鋼板はあらかじめ指定された幅と長さに切断された状態で購入・出荷されるものもあれば、そうしたオーダーメイドにて切断してさらに小さな鋼板(切板)として使うものもあります。基本は、タテ×ヨコの寸法で表示されますが、鋼板の流通形態には、「定尺材」「スケッチ材」の別があります。定尺材はいわゆる決まった寸法で流通する板材で、スケッチ材は、定尺材からさらに注文に応じたサイズで切断した板材です。

SPCCをはじめとするよく使われる鋼板は定尺材で仕入れる場合、尺を単位とした寸法で呼ばれる慣わしがあります。3x6(サブロク)、4x8(シハチ)、5x10(ゴトウ)といった名称です。3x6(サブロク)は、3尺x6尺の鋼板で、1尺が約303ミリとなりますので、914mm x 1829mmのサイズとなる鋼板ということになります。このサイズからさらに小さく切断したものも、スケッチ材として流通しています。

鋼帯や帯鋼はコイル状に丸めたもの

一方、鋼帯は「こうたい」と読み、帯鋼(たいこう)と呼ばれることもありますが、字からも連想できる通り、帯状につながった鋼板です。ロール状に丸めてあるもので、いわゆるコイル材のことです。

丸めるため、厚さの上限は鋼板よりも薄くなります(厚みがありすぎるとロール状に巻いていけないため)。プレス加工などをはじめ、大量生産が前提となる加工現場では、鋼材商社等からコイル材となる鋼帯の形で材料を仕入れ、途切れることなく連続で加工していくことが一般的です。コイル材は、いったん順送プレス機などにセットすると、まるでトイレットペーパーのように少しずつ材料をだしていき、コイルがなくなるまで材料の再セットの手間がありません(最初と最後は若干廃棄する必要はありますが)。

この鋼帯は、さらに幅によって呼び名が変わることがあります。例えば熱間圧延鋼板の薄板をロールした鋼帯であれば、幅600mm未満のものを巻き取ったコイル材を熱延帯鋼と呼び、幅600mm以上のコイルを熱延広幅帯鋼と区別します。一般には、この丸めたコイルで幅がもっとも大きいものだと2300mmにもなります。

スポンサーリンク

>このページ「鋼板と鋼帯の違いとは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集