スケッチ材とは|鋼板で使われるスケッチ材の意味とは

2017年6月12日更新

金属部品は多様な形で自動車部品に使われますが、その多くは「鋼板」の状態から加工を行うことで部品となったり、あるいはそれら部品の一部となります。

金具などと呼ばれる金属部品の多くにはプレス加工が使われますが、この加工に用いる鋼板は、コイル材、スケッチ材、定尺材、異形材などがあり、それぞれ加工する部品の種類や保有している設備・機械の種類によって選ぶことになります。

スケッチ材というのは、大きめな部品や製品を作る際に使う板材で、寸法を指定して購入することができます。一般には、「切り板」(きりいた)と呼ばれることも多いです。実務上は、現場でもこの「切板」の呼び名が一般的かもしれません。

プレス加工での大量生産でメインに使われる鋼板の多くは、コイル材と呼ばれるもので、鋼板をトイレットペーパーのように丸めた状態のものが使われています。このコイル材は、プレス機にセットすると、そのまま材料が供給されていくため、生産効率が最もよい方法ですが、流通している材料の寸法には制限があり、製品によっては、対応できる寸法がないこともあります。また、プレス加工ではなるべく捨てる材料が少なくすむようなサイズの鋼板を用いることで原価を下げることができますので、安いものの大量生産しつつ廃棄する部位の多い材料を使うか、価格は上がるものの廃棄する部位が少ない材料を使うかのバランスを見ていく必要があります。

なお、英語ではSketch blank(スケッチブランク)と表記されます。

スポンサーリンク

>このページ「スケッチ材とは|鋼板で使われるスケッチ材の意味とは」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集