炭酸腐食とは|炭酸腐食が発生するメカニズム

2018年1月1日更新

腐食や錆は通常の環境であれば酸素が関与することで発生しますが、炭酸腐食のようにCO2、つまり二酸化炭素によって腐食が起きるケースもあります。二酸化炭素を多く含む環境はスイート環境とも呼称され、スイート環境における炭酸腐食と呼ばれることがあります。

CO2は水にとけると炭酸となりますが、炭酸を含む水はpHが低くなるため、弱酸性の状態になります。通常の大気中であればさして気にする必要もありませんが、密閉された環境下や地下水をはじめとする箇所では微生物の影響もあり二酸化炭素の分圧が高く、より多くのCO2が溶け込んで炭酸を含有していると考えられます。

炭酸そのものが飽和状態まで溶け込んでもpHとしては弱酸性のレベルではありますが、炭酸はこうした弱酸性の環境を維持しようと作用するため、長期にわたると腐食が進行していくことがあります。

こうした腐食が見られるのは防食対策が施された高圧ボイラーではなく、小型の低圧ボイラーとなります。高圧ボイラーと違い、処理を施していない上水や工業用水をそのまま使うため、遊離炭酸が溶け込んで蒸気還水管として使われる炭素鋼管が腐食し、漏水等につながる危険性が指摘されています。

水に対し、腐食抑制の作用のある中和性アミン等の薬剤を投入したり、より腐食に強い材質の管へ変更するといった対策方法があります。

スポンサーリンク

>このページ「炭酸腐食とは|炭酸腐食が発生するメカニズム」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集