課長と担当課長の違いを英語で表現すると

2017年8月18日更新

課長と担当課長の違いは、一般には職制課長かそうではないかの違いとなります。課長=職制課長とは、部下がいる課長であり、社長⇒役員⇒部長⇒課長⇒係長といった一本の指揮系統にある管理職の課長のことで、会社によってはラインと呼ばれたりもします。このため、課長とはピラミッド構造になっている会社組織の管理職の一員ということになります。

担当課長とは、職制課長とは異なり、通常部下がいません。したがって、管理職ではありません。ひとつの課に、課長は一人しかいませんが、同じ課に担当課長であれば複数いることが一般的です。担当課長をどのような位置づけの役職としているかは会社により微妙に異なりますが、ライン上にある管理職とは異なる扱いという点ではほぼ共通しており、職制ではない役職のひとつ、ということになります。担当課長は職制ではないため、職位は課長のほうが上ということになります。

実力が伯仲している社員が複数いたとしても、ひとつの課に課長は一人だけですので、それ以外は職制課長にはなれません。担当課長や担当次長等といった名称は、職制ではなく社内での職位を示す役職として使われています。

このあたりは、英語で記載したほうが実態に近くわかりやすいかもしれません。担当課長というのは多くの場合、プロジェクトマネージャーと英訳されています。特定のプロジェクトをまとめたり、特命事項を実施するマネージャー、ということになります。

一方で、職制課長は、ダイレクトマネージャーやラインマネージャーとなります。こちらはラインと呼ばれる管理職のラインにつらなる役職となります。

課長と担当課長の違い
職制課長 担当課長
line manager, direct manager project manager
いわゆる管理職の課長。通常、部下がいる。単に課長と言った場合はこちらを指す。ひとつの課に課長は一人。 管理職ではない役職。職位を表す。通常、部下はいない。同一部署に複数名も可。担当課長の中から職制課長を選ぶこともある。

スポンサーリンク

>このページ「課長と担当課長の違いを英語で表現すると」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集