銀925、Ag925、SV925の純度|スターリングシルバー925の刻印の意味や硬さ、価値について

2018年6月3日更新

Ag925、SV925は銀合金の一つでスターリングシルバーの名称で知られます。成分としては925‰が銀で、残りの75‰が銅となる二元合金となっています。925という数字は銀の純度を表しており、単位は千分率であるパーミル(‰)となります。パーセントで表示する場合、92.5%が銀で、残りの7.5%が銅で構成されている合金ということになります。素材としての価値は、より高純度の純銀には劣りますが、細工などのアクセサリーとしての価値はまた別物となります。

925は広くジュエリーや装飾品に使われるほか、アンティークの銀製品にも使われてきた銀合金で、古い鏡などでも見ることがあります。

刻印として、Ag925、SV925、銀925、Silver925、925、Sterling silverといった表記がつけられているシルバー製品は、すべてスターリングシルバーが使われていることを意味しています。この銀は銀合金の中でもジュエリー、アクセサリーといった宝飾品の分野ではもっとも多く使われている銀合金のひとつともいえます。

スターリングシルバーの硬度、引張り強さ

金属の性質としてみた場合、スターリングシルバーは時効硬化型の合金です。加工時には加熱してやわらかくしても、また冷やすと硬くなるため、使い勝手のよい合金でもあります。実際に硬度を上げるためには時効硬化処理を行います。具体的には、加熱したあとに水中で急冷する溶体化処理をまず行い、これによって硬度が60から70 HV程度になります。この状態はやわらかく変形させやすいため、この段階でジュエリー等に加工します。その後、さらに加熱し、放置します。かける温度や時間によってその後に得られる硬度は変化しますが、このAg925は150 HVまで硬度を上げることが可能です。通常は、最終的に100から120 HV前後の硬さで調質されることが多い合金といえます。

硬度以外の物理的性質については、ワイヤー状にしたスターリングシルバーで引張強度が焼きなまし後で207MPa前後、熱処理により1/2硬質で386MPa、硬質で496MPaとされます。

耐変色性に優れたアルゲンティウムスターリングシルバー

スターリングシルバーが銀と銅の合金であることは前述したとおりですが、主となる銀に対して銅は割り金(わりがね)とも呼ばれ、刻印の上ではAg925(Cu)と打たれることもあります。近年はこのスターリングシルバーをさらに改良したアルゲンティウムスターリングシルバーと呼ばれる銀合金も出てきています。これは銀の純度はスターリングシルバーと同じ92.5%になっていますが、7.5%の銅の部分を若干減らし、1%未満のゲルマニウムを銅を減らした部分に添加した銀合金です。銀製品の大きな弱点である変色に対し、強い耐性を持たせる狙いがあり、耐変色性に優れた銀合金といえます。

スポンサーリンク

>このページ「銀925、Ag925、SV925の純度|スターリングシルバー925の刻印の意味や硬さ、価値について」の先頭へ

銀合金の種類の一覧へ戻る
加工材料の性質と特徴(目次)へ戻る

銀925、Ag925、SV925の純度|スターリングシルバー925の刻印の意味や硬さ、価値についての関連記事とリンク

銀の刻印の種類|銀の純度表示と調べ方
銀の黒錆はなぜつくか
銀999、Ag999、SV999とは|純銀の刻印と特徴

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集