スポかんばん|スポットかんばんとは何か

2018年12月3日更新

スポかんばんは、スポットかんばんの略で、自動車部品業界では「一時的に」使われる「かんばん」のことを意味しています。

「かんばん」はトヨタ自動車やそのグループで使われる受発注の仕組みのひとつで、うまく活用すると多種多様な部品を在庫することなく、必要な分を必要なときに発注・納入することができます。基本原理としては、部品の入った納入に使われる通い箱には発注時に発行される「かんばん」がついているので、この状態で自動車メーカー側のラインへ納入されると、かんばんが外されて、外れたかんばんが部品メーカー側へ返却されることで発注がわりになるというものです。現在はかんばんの多くは「eかんばん」と呼ばれるように電子化されていますが、原理はほぼ同じです。

かんばんには「サイクル」という概念があり、かんばんを発行してから、部品が生産ラインに納入されるまでにかかる期間についてはこのサイクルを見ることで判別できるようになっています。逆にいえば、それぞれの「かんばん」には固有のサイクルが設定されているため、これを逸脱した範囲での使用ができません。たとえば、かんばんサイクルが1-1-2となっている場合、1日1便、2便後納入という間隔での出荷になるため、1日に1便しか自動車メーカーへ納入する便がないことになります。このように設定されているかんばんの場合、評価用や追加用で当日に製品が必要な場合、通常のかんばんを振り出しての発注では翌日以降になってしまうため、間に合いません。そこで使われるのが「スポかんばん」あるいは「スポットかんばん」です。

通常のかんばんには、サイクルが決まっているため、追加注文や緊急性の高いもの、通常の用途とは異なるもの、臨時で必要な場合などで使い勝手が悪いのですが、かんばんの仕組み上、発注自体もかんばんで行う必要があります。

トヨタ自動車からはすべてかんばんで注文が飛んでくるため、各かんばんにはサイクルが設定されており、このサイクルの壁を取っ払って発行される臨時かんばんとなるスポかんばんが必要となります。新規流動開始時や導通テストなどの際にためしに発行するなどの場合もスポかんばんが使われることがあります。

スポかんばんが飛んできた場合は、あくまで臨時のものであるため、それに続くかんばんがどのようになるかは確認の必要があります。それによって自動車部品を供給する側は生産計画や生産準備を進めることになるためです。

スポンサーリンク

>このページ「スポかんばん|スポットかんばんとは何か」の先頭へ

砥石からはじまり、工業技術や工具、材料等の情報を掲載しています。製造、生産技術、設備技術、金型技術、試作、実験、製品開発、設計、環境管理、安全、品質管理、営業、貿易、購買調達、資材、生産管理、物流、経理など製造業に関わりのあるさまざまな仕事や調べものの一助になれば幸いです。

このサイトについて

研削・研磨に関わる情報から、被削材となる鉄鋼やセラミックス、樹脂に至るまで主として製造業における各分野の職種で必要とされる情報を集め、提供しています。「専門的でわかりにくい」といわれる砥石や工業の世界。わかりやすく役に立つ情報掲載を心がけています。砥石選びや研削研磨でお困りのときに役立てていただければ幸いですが、工業系の分野で「こんな情報がほしい」などのリクエストがありましたら検討致しますのでご連絡ください。toishi.info@管理人

ダイヤモンド砥石のリンク集

研磨や研削だけなく、製造業やものづくりに広く関わりのあるリンクを集めています。工業分野で必要とされる加工技術や材料に関する知識、事業運営に必要な知識には驚くほど共通項があります。研削・切削液、研削盤、砥石メーカー各社のサイトから工業分野や消費財ごとのメーカーをリンクしてまとめています。

研磨、研削、砥石リンク集